読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護師で雑用が多い!雑務を押し付けられる職場を変えるには?

雑用ばかり押し付けられるのはもうたくさん!雑務ばかりやらされる看護師さんは、こうやって対策しましょう!

看護師なら雑用が多い職場で我慢するより転職で解決しませんか?

看護師という仕事に憧れを持っていたし、誇りを持って働き始めたものの、2年たっても3年たっても私に任される仕事といえば、雑用ばかり。
 
患者さんのおむつ交換やら体位変換、尿測や検体運びに車椅子への移動介助などなど、同期に比べて明らかに雑用係としての立場に回されていました。
 
 
 
確かに、仕事を覚えるのはそれほど速いわけではないけれど、かといって職場の足を引っ張っているわけではありません。
 
新人だって入ってきているのに、雑用があれば私に優先的に回ってくる状態でした。
 
 
 
今の職場でくすぶったままで良いのか?それとも、違う職場に移ったほうが良いんじゃないか?と散々悩んだ結果、私は転職を選びました。
 
転職することが確実に正解というわけじゃないと思いますが、少なくとも、しっかり転職活動をすることで、自分を生かせる職場を見つけることはできると思います。
 
 
 
このブログでは、私がどんな風に転職活動をして、希望した条件の病院へ入職したのか?そのプロセスをまとめています。
 
 
 
■看護師にはいろんな働き方がある
 
まず知っておいてもらいたいのは、看護師という資格は本当につぶしが効くということ。現実的じゃない条件を望んだりするような、よほどのことがない限り、干されることはありません。
 
実際に求人情報を本格的に探してみると良くわかりますが、様々な施設・病院から様々な働き方で看護師の募集がされているんです。
 
 
 
たとえば、個人クリニックで外来以外業務をする以外にも、公共団体の検診センターなどに勤務するパターンもあります。
 
住民向けの健康指導であったり、検診が主な仕事になり、立場も公務員となります。公務員の手厚い福利厚生を受けることができます。
 
 
 
手術室専門の看護師を募集しているところもあれば、夜勤専従の非正規・パートの求人もあったりと、本当に選びたい放題、といった感じです。
 
看護師として働くのはもう一切嫌だ!という場合には、いっそのこと、製薬会社などのコールセンターに勤めるという手段もあります。定時勤務できるという大きな魅力があります。
 
 
 
 
地域貢献に興味があるのであれば、離島での求人案件なんかもあり、通常は短期での募集になるので、ちょっとした移住感覚で看護師の仕事を続けることもできます。
 
 
 
■失敗しない看護師の転職の仕方
 
看護師はおそらく、これからもずっと売り手市場が続くと思われますが、だからと言って、油断をしていたら、ライバルに良い求人案件を奪われるので注意をしてくださいね。
 
やっぱり、人気のある病院・高待遇の求人は、短期間で埋まってしまいます。そういった案件を掴み取るためには、情報収集と、転職のプロのアドバイスが欠かせません。
 
 
 
 
看護師専門の転職サイトというのがいくつあるので、そういったサイトに登録をすると、一般公開されていない非公開求人も数多く調べることができます。
 
転職のプロである転職エージェントも担当してくれるので、転職に関する疑問や悩みや全て答えてくれるし、様々な作業を代行してもらうこともできます。
 
 
 
面接の日程やら、気になった病院の内部情報を教えてくれたり、細かい条件交渉を変わりにやってくれます。ある意味、転職中の頼れる秘書、といった感じで働いてくれます。
 
病院側のニーズを教えてくれた上で、模擬面接もやってくれるので、面接対策もばっちり。転職エージェントさんがいるかいないかで、転職の成功確率はかなり変わってくるんじゃないかと思います。
 
 
 
■転職サイトを使うならここ!
 
転職成功のカギを握っているもう一つのポイントは、どの転職サイトを使うか?です。看護師専門の転職サイトにもいろいろ特徴があって、良いサイト・悪いサイトがあるんです。
 
たとえば、非正規の求人は一切取り扱っていなかったり、一部地域の求人しか取り扱っていない、といった転職サイトもあります。
 
 
 
転職エージェントさんの仕事ぶりにもかなりの温度差があって、私が実際に20サイト近く使ってみて、良かったなと思うのは、次の3つしかありませんでした。
 
 
 
 
この3サイトに登録をしておけば、他のサイトに掲載されている求人案件もほぼ網羅されているので、条件のよい求人を取りこぼす心配はほぼありません。
 
さらに、転職エージェントさんも経験豊富な人ばかりだったので、期待した以上の働きをしてくれますよ。